Home  Profile  Books Works  Laboratory  Contact 
 
シロハラトウゾクカモメを頭に乗せる
北極ロシア・ウランゲル島




幼稚園での親子科学体験教室


柴田佳秀 しばたよしひで

科学ジャーナリスト・サイエンスライター
科学ジャーナリスト会議会員、日本鳥学会会員、都市鳥研究会幹事、バーダー編集委員

1965年東京生まれ
釣り好き一家に生まれ、気がついたら釣り竿を持っていた。
10才から鳥を見はじめ、日本野鳥の会に所属する。
東京農業大学農学部農学科卒
大学では昆虫学研究室に在籍し、ヤスマツアメンボの生態学的研究をする。
大学卒業後、番組制作会社に籍を置き、テレビ自然番組のディレクターとして活動を開始。主にNHKの自然番組の演出をする。
1992年には当時ソ連だったカムチャッカ半島にガン類の調査に参加。
1993年には北極ロシア・ウランゲル島に取材のため3ヶ月半滞在する。
主な演出番組は、「生きもの地球紀行」、「地球 ふしぎ大自然」、「さわやか自然百景」など。

2005年に独立し、フリーランスとして活動を開始。
児童書や図鑑など書籍の執筆や講演、メディア出演などをおこなっている。

専門は鳥類学・昆虫学だが、魚類や両生・は虫類など、生物分野ならばなんでも。
なかでもカラス研究は20年以上ライフワークとして続けている。

また、幼稚園の親子を対象にした「親子科学体験教室」も実施。その活動は20年近くになり、これまで8つの幼稚園で実施。小さなお子さんを対象にしたお話を得意とする

水生生物の観察会講師や小学校総合学習の講師なども。

詳しい仕事内容はWoksをご覧ください。


2020年6月更新


画像の無断使用を禁止します

Copyright (C) 2020 Shibalabo (Y.Shibata) All right reserved.