TOP   カラス研究室  アメンボ研究室  所長室  Gallery   Theater   サイトマップ 



超図解 これがハシボソガラスだ!

「ゴンベが種まきゃ、カラスがほじくる」のカラスは、ハシボソガラスである。


【学名】Corvus corone 【英名】Carrion Crow
英名は、死肉を食べるカラスの意。

【分布】
ユーラシア大陸に広く分布するカラス。
畑や田んぼ、川原が棲息地。山深い森林にはいない。

【サイズ】
全長50センチ、翼開長90センチ、体重396−602g
【繁殖期】3月〜6月
【産卵数】3〜5個
【抱卵日数】19〜20日



亜種 ハシボソガラスには6亜種が認められている(Howard & Moore 1991)

  • C.c.corone 西ヨーロッパから北アフリカ
  • C.c.cornix (Hooded crow) ヨーロッパ 白黒のカラス
  • C.c.sardonius 南、東南ヨーロッパ、中東
  • C.c.sharpii シベリア、イラク、イラン、トルコ、北西インド
  • C.c.capellanus 南イラク、南西イラン
  • C.c.orientalis 日本から東南アジア、北西インド、中国



ヨーロッパに分布するハシボソガラスの亜種ズキンガラスは、白と黒の体色が特徴。






ハシブトガラスとハシボソガラスの行動的特徴比較


鳴くときの姿勢
ハシブトガラス

鳴くときは喉が膨らむ
カアーカアーと聞こえる
ハシボソガラス

おじぎをするように鳴く
ガアーガアーと濁る声



歩き方
ハシブトガラス

歩くこともできるが、どちらかというと両足そろえて
ピョンピョン跳ぶ歩き方が多い
ハシボソガラス

両足を交互に出して歩くことが圧倒的に多い



超図解ハシブトガラスへ


カラス研究室トップへ戻る


2007.11.2
Copyright (c) Shibalabo (Y.Shibata) All rights reserved.