アメンボ
自由研究テーマ集

アメンボは、身近にいる虫のため、観察にはもってこいです。
夏休みの自由研究のテーマをいろいろ考えてみました。
調べた結果は、ぜひ教えてください。

アメンボのいるところと、いないところのちがいは何だろう?
池や川に行くと、アメンボがものすごくたくさんいる場所とぜんぜんいない場所、
少ししかいない場所があります。
これはどうしてなんでしょうか?
その理由の予想を立てて調べてみましょう。
考えられるちがい
  1. 流れがあるか、ないか
  2. 「ひなた」か「ひかげ」か
  3. 水辺に草があるか、コンクリートか
  4. 魚がいるかいないか


次になぜ、その場所が好きなのかまで、考えてみると良い研究になります。



アメンボはどうして水面にうかぶことができるのか?
アメンボは、どうして浮かぶことができるのでしょうか?
ふしぎですね。
実は、アメンボは足の先に細かい毛が生えていて、
アブラが出ているために水をはじき、表面張力(ひょうめんちょうりょく)で浮くことができるのです。
でもそれだけでしょうか。
体の重さは重くても浮くのでしょうか?
実験で調べてみましょう。

実験@
アメンボと同じ仕組みで浮かぶ、人工アメンボを作って浮かべてみましょう。
作り方は,こちらを見てでください。
人工アメンボの作りかた

うまくいかない場合はその原因を考えてみてください。

  • モールの太さを変えるとどうなるか
  • 足の先の曲げ方を変えるとどうなるか
  • 防水剤(ぼうすいざい)をたくさんぬった場合と少ない場合

実験A
人工アメンボをたくさん作ったら、どんな液体でも浮かぶか調べてみましょう。

  • 台所用せんざいを入れた水
  • せっけん水
  • ジュース類(オレンジ・グレープ、カルピスなど種類でもちがいがあるか
  • 塩水
  • さとう水
  • コーヒー
  • 紅茶
いろいろやってみよう!

浮かぶ液体と沈む液体のちがいは何か考えてみましょう。
ヒントは水をはじくかはじかないか。
液体によって防水剤(ぼうすいざい)のはたらきがどう変わるか調べるといいです。
やり方は考えてね。
実験B

人工アメンボは、どのくらいの重さまで浮いていられるでしょうか?
おもりをつけて重さをはかりながら限界を調べてみましょう。

ご父兄・先生方へ

アメンボの浮かぶ仕組みは、水の表面張力による働きですが、表面張力を物理的に理解するのは大学レベルの知識が
必要です。詳しくはこちらをご覧下さい。表面張力
また、洗剤などでアメンボが沈む理由は、界面活性剤の働きによるものですが、これも理論は難しいです。
詳しくはこちらをご覧下さい。界面活性

アメンボの好ききらいをしらべよう
本によるとアメンボは虫を食べるそうです。でもどんな虫でも食べるのでしょうか?
アメンボを飼ってみて、どんな食べ物が好きかきらいか調べてみましょう。
また、虫以外は食べないのでしょうか。

アメンボの飼い方はこちらを見てね。


アメンボには「なわばり」があるのか


よく本にアメンボには「なわばりがある」とかいてありますが、本当でしょうか?
調べてみましょう。これはかなり高度な研究なので上級生むきです
調べ方

  1. 池に行ってアメンボがたくさんいる場所で一匹捕まえます。
  2. 池は、小さなものがいいです。そして、池のかんたんな地図をつくります。
  3. 背中にカラーマーカーで色をぬります。色は目立つ白や赤などがいいでしょう。
    あまりたくさんぬるとアメンボが死んでしまうので、チョンとつけるとよいでしょう。
  4. アメンボを放し、行動をみます。
  5. ずっと見ているのは大変なので5分間とか10分間とか時間を決めて、
  6. 何回他のアメンボとぶつかったか、ケンカしたかなどを数えます。
  7. アメンボが動いた範囲も大まかに記録しましょう。
  8. ビデオで池全体を撮影してあとで動いた範囲を調べてもいいでしょう。


アメンボ研究室TOP

2005.6.5 改訂
Copyright 2004-2005 Shibalabo (Y.Shibata) All light reserved.