TOP   カラス研究室  アメンボ研究室  所長室  Gallery   Theater   サイトマップ 



標本の作り方


アメンボがもし死んでしまったら標本にしてみましょう。

作り方は、まず、カット綿(薬屋さんで売っている)の上に絵のように
脚をきれいに整えて並べます。
ピンセットを使うと上手にできます。
また、アメンボは足が丈夫なので丁寧に整えればきれいに仕上がります。
ただ、触覚は折れやすいのしんちょうに。

アメンボをカット綿の上に並べたら、こんどはB5位の大きさの
紙(コピー用紙等)で絵のように包みます。
このまま、タッパーなどに入れて乾燥させます。紙が脂分を吸って、
ほっとくだけで乾燥できます。これはさまざまな昆虫で応用できる
一般的な方法です。薬品等は使う必要はありません。


一ヶ月位したら、厚紙を絵のような形に切って、虫ピンを刺し、
アメンボを木工用ボンドでとめればできあがりです!
必ず、採集日や場所などのデータを忘れずに。小さな紙に書いて
いっしょの針に刺します。


標本箱に並んだアメンボ
昆虫は標本にしないとわからないことも多い。
貴重なサンプルになるのできちんと作りたい。



アメンボ研究室TOP


2009.7. 6

文章・画像等の無断転載はご遠慮ください。
このページは、Microsoft Internet Explorer6.0を基準に作られています

文字のサイズは中でご覧ください


Copyright since 2002 Shibalabo (Y.Shibata) All light reserved.