アメンボ FQA

これまで質問コーナーによく寄せられた、アメンボに関する質問と答えをまとめてみました。


Q. アメンボは、何を食べているのですか?

A. 水面に落ちた昆虫などを食べます

小さな虫にとって水はとてもネバネバしたものです。そのため、水に落ちるとなかなか逃げ出せません。
アメンボにとって水面は、クモの巣のようなものなのです。また、時には死んだ魚やミジンコも捕まえて食べているようです。
本当に食べ物が少なくなったときは、ともぐいもすることがあります。




Q. アメンボはどうやって虫を食べるのですか?

A. 針のような口で、体液を吸って食べます

アメンボの口は、針のようになっていて、昆虫の体に刺して体液を吸います。この時にタンパク質を溶かす分解酵素を出します。




Q. アメンボは、飛べるのですか?

A. もちろん飛べます
アメンボには、4枚の翅(はね)があって、飛ぶことができます。
しかし、種類によっては、翅がまったくないものや、世代によって翅があったり無かったりと飛べないものもいます。
中には、翅があっても筋肉が退化してしまったものもいます。
でも、原則的には一時的でも飛ぶことはできます。




Q. アメンボはどうして浮くことができるのですか?

A. 足先に細かい毛が密生していて、水をはじくアブラが分泌しているから

アメンボの足の先には、ひじょうに細かい毛が密生してはえているため、水をよくはじきます。実は体にも細かい毛が生えていて、水をはじいているのです。
それだけでなく、足先にはアブラに似たものも分泌しているので、水をよくはじきます。そのため、水面の表面張力をつかって、水に浮くことができるのです。
しかし、これをいつも維持(いじ)するにはそうじが大切で、アメンボはかなりひんぱんに足先のそうじをしています。
この時には必ず水草や草などにつかまるところが必要で、こういったものが何もないところではアメンボは溺れて死んでしまいます。
もう一つ、水に浮くことができる秘密があります。それは体重がとても軽いことです。軽くないといくら水をはじいてもうくことはできません。



Q. アメンボに天敵はいますか?

A. もちろんいます

アメンボもいろいろな生き物に食べられます。今まで記録があるのは、ヒメミズカマキリ、コイなどの魚、セグロセキレイなどの鳥などです。
もう一つ重要な天敵がいます。それは卵に寄生するハチやハエです。
このハチやハエは、アメンボの卵に自分の卵を産みつけ、ふ化した幼虫はアメンボの卵を食べて成長します。
寄生ハチやハエは、アメンボにとって最も怖い天敵ですが、卵を水の中に産めば寄生されません。



Q. アメンボに絶滅しそうなものはいますか?

A.  エサキアメンボの数が少なくなっています。
シオアメンボも絶滅が心配されています。

エサキアメンボは、湖や沼のアシ原の中に棲むアメンボです。しかし、数が大変少なく10都府県のごく一部で記録があるだけです。
シオアメンボは、瀬戸内海と九州で見られる沿岸性のウミアメンボですが、生息地の環境が破壊されたため、ほとんどみられません。
両種とも環境省のレッドデータ絶滅希少種に指定されています。




Q. アメンボはどこに卵を産みますか?

A. 水中の草の茎や水草、石、杭などに産みつけます

アメンボが卵を産みつけるのは、必ず水の中です。メスは草につかまりながら、水の中に入っていき、
水中の茎などに1ミリくらいの卵を数十個くらい並んで産みつけます。
水中に卵を産むわけは、乾燥するとふ化しないためです。
また、卵が寄生されるのを防ぐ役割もあると思われます。
詳しくは、新村さんの「近畿地方のトンボ雑記」をご覧ください。




Q. アメンボはどうやって冬を越しますか?

A. 成虫で越冬します

アメンボは、大人の姿のまま冬を越します。卵や幼虫で冬越しはしません。ところがアメンボが越冬しているところはほとんど観察記録がないのです。
もちろん私も見たことがありません。これまでの記録では、水際の地面の落ち葉の下や、杉の木の皮の下にいたというものがあります。
では、なぜ、成虫越冬することがわかっているのでしょうか。それは春先に体に泥がついた成虫のアメンボが見られるからです。
私は、大学でアメンボの研究をしていました。
アメンボの体にペイントマーカーで印を付けて、それを追跡するという研究でしたが、秋に印をつけたアメンボが、
春に同じ水たまりで見つかるので、成虫で越冬していたことがわかりました。




アメンボ研究室TOP


2005.9.02
Copyright since2002 Shibalabo (Y.Shibata) All light reserved.